あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

世界樹と不思議のダンジョン、楽しみ(?) な話

世界樹不思議のダンジョン、略してセカダンが楽しみで、昨日ブックオフでチラシだけもらってきた。
世界樹と不思議のダンジョン 公式サイト
f:id:sorua:20150222203037j:plainf:id:sorua:20150222203055j:plain
店頭チラシ

私はダウンロード版を買う予定。
楽しみ!!! ……なのだけど、少しだけ複雑な心境。
というのは、私はダウンロード版とパッケージ版、買うにあたってのルールを決めている。
ダウンロード版で買うゲーム基準の内に明確な終わりのないゲームというのがあって、以前にポケモン不思議のダンジョン救助隊・探検隊を経験して不思議のダンジョン系はその中に入ると確信を持った。
が……、念願のダウンロード版で買った3DSポケモン不思議のダンジョン マグナゲート(以下略) では、自分の理想のパーティが組めず(好きなポケモンがゲーム内に存在してなかった) ストーリークリア後にもっと探検したいという感情が起こらず、遠ざかってしまった。
セカダンはどうだろう?

セカダンのパーティは自分で作成。
10の職業に男女1名ずつ(カラーが各4色) で見た目のバリエーションは割と少ないけれど、カラー4色でそこそこ自分の理想をカバーできそう?
ポケモンみたいに「これが居ないと無理!!」という元々大好きなキャラクターもないので、その辺は大丈夫そうだ。(マグナゲートはアブソルが居なかったことに相当ショックを受け、そのせいで遠ざかったが大きいかもしれない)

そう、マグナゲートではアブソル敵としてすらも存在しないと知ってからチーム活動を続けていく気力が尽きてしまった……、アブソルがいれば、そんな感情が 不思議のダンジョン という単語で思い出されて複雑な心境。

いや、でもセカダンすごい楽しみです!
理想のパーティ、作れるといいな!


ではでは。

おまけ
ダウンロード版or パッケージ版 買い分けルール

パッケージ版
ダウンロード版
やっぱり不思議のダンジョン系は結構微妙なラインだ……