あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

「自分がここに存在する理由」?

なんというか、ふとした瞬間に「自分ってなんぜここにいるんだ?」
って思う時がある。
小学校4年とか5年生くらいの時から、ほんと時々なんだけどね。
寝る前や一人でいる時、天井を眺めていたりする時に多い。
みんなそういうことってないのかなーと思って。

神様がいるとして。
どうして自分は今この場所に命を受けたのか?
なーんて考えちゃったりするのよ
実は未来に大きな使命を背負わされているのかしらとか!
まぁ、それは大げさだったかもしれないけど、少なくとも今ここに存在すること自体は無意味ではないんだろうなとは思う。
こんな私でもきっと誰かの支えになっていたりするんだよね、誰とは限定できないし、いないかもしれないけども。
それに、何かの役には立っているかも?

最近、生活することだけを考えて過ごすことが多くなったと思う。
自分が今ここにいることが当たり前のことに感じてきている。この社会、空気に溶けているような感じ。
不思議やね。

自分を客観的に見る思考が薄れてきてるのかな。
こういう風に考えることって、誰しもあるんじゃないかなと、ふと思った私でした。

あれだ、成人式が近いからこういうの考えたりするのかな。
なんだかんだで将来に不安抱えてたりするのかしら私?
ではでは〆