あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

新しい土地は呪われている

弟にMODを消してもらった!&新たにワールド作成!
シード値を電脳コイルでお馴染みの「4423」にしてみたのよ…

マインクラフトの夜は恐ろしいのーよ…!

木々の生える林に隣接した砂浜のそばに拠点を構えました。

夜は怖いので家に引きこもるつもりだったのだけど、サバイバル生活。
昼でも活動する敵もいるのね。
退治せねば!?


外怖いよおおお!



時々映ってる黒い棒人間みたいなやつ、目を合わせるとたちまちテレポートしてきておそってくるエンダーマンなる敵。
こんな初期に遭遇するなんて。
しかもこれほんとは3体ぐらいいる。ありえん。
この敵の湧き方は異常すぎる!こんなに大いには何かあるはず!!
私は昼間に原因を探るべく近くの林へと散策へ出かけた。

しばらく歩くと、大地の裂け目のようなものを発見。
これは…、ダンジョン?!

ここから敵がやってくるに違いない!!きっと家の真下にダンジョンがあって、そこの敵が地上に召喚されているんだ…!

帰る途中、松明の材料を発見。
明るければ敵は湧かない!!
これで勝つる!!やったー!!

…。
もうこの場所はだめだ、逃げよう!

といったものの、今の家に屋根(高台)を建設。
ですが…

封印しました。
だって無理ですもん!
高台で見張り(?)してましたら蜘蛛が!!どこからか現れるんですもん!!
で家の中に入ったら家の中にもいるんですもん!!もういやああああ!!

封印した階段の隙間から見えますもん。
どこから出てくるの?意味わからん!!!


また次回かね