あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

指圧の授業の話

今の学校に入学してもう半年が経つ。
生理学、解剖学、東洋医学ぜんぶが絡んできてものすんごいことになっている中、実技の授業は安定しています。
あん摩もマ術(マッサージ)も指圧も、深刻な手技忘れは恐らくない。
 
ところで、その指圧なんだけど、最初は一番嫌いな実技だったのよね。

 
指圧っていうのはそのまんま指で圧す(押す)んだけど、大体が親指の腹。
一番最初は背中を縦に3通りを左右二回ずつって感じなのよ。
それがもう一通り目の二回目くらいで親指が痛い痛いw
そんでもってクラス3人しかいないから休む暇が全然なかったのね。
そして。
今まで先生の指圧を受けたことがないっ��(=△=)
新しいところをやるときだけ補助の先生にやって見せてくれたりするけど、あとは一時間先生、生徒の術を受けてるって感じだったのさ。
場所違う時はちゃんと教えてくれるからまぁ授業として成り立ってるのだけどね?
 
で、夏休み開けた頃から親指もだいぶ強化されて長時間の指圧にも耐えられるようになったのさw
先生の背中は柔道やってるなりに丈夫なので圧すの結構大変だったのね、それを週に2回はやってたわけだからだいぶ指が頑丈になったのね。
ついで、大羽さんの背中は厚いし固いし広いし骨ドコ?!で、太い神経通ってる所以外強く圧すで、先生以上にハード、まだ先生やるほうがry
 
半年経った現の指圧の授業は一時間押しっぱなしという感じ。
背中 ⇒ 肩 ⇒ 臀部から足の裏 ⇒ 横向きで体の捻りと肩甲骨内縁と首(頭) ⇒ 座位で肩、他体の捻り
で大体チャイムが鳴る。
残りの二人はどっちかが寝っぱなしでどっちかが押しっぱなしって感じ。

最近その、指圧が割りと嫌いじゃない理由。

  • 三回に一度はオールで指圧受けれる
  • 交代の手間と順番が分かりやすいからめんどくさくない
  • ダメだけどオールの時ちょっと寝れる。

それと、後ろで寝まいとする大羽さん見るのが楽しすぎるww
時々いびきかいてるさwコラww
大羽「zZ…はっ、落ちたOo。(=△=)」
先生「…zzZ、(はっ)!(=А=)」
最近気付いたんだけど、先生も時々寝てる。
なんつーか、やっぱり自分が術式してる時に気持ちよくて(?)寝ちゃうって嬉しいじゃんね。
だから起こさない。
私が寝てる時も体制変えるときだけ声かけてくれる橋さんも優しいですにゃ
…大羽さんに限っては休み時間に畳で寝てる私を枕でバシンバシン叩いてきますが。そいやこの前全体重で踏んづけられたwこんちくしょww
テスト明けの指圧が大羽さん⇒私のオールだからその時きっちりやってもらわねば!w
 
あ、ドラマ始まる、ではでは〆