あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

エルグ長になった理由わけ


[ワーネバ] エルグ長、住む場所を追われる】続編!
 

〜あらすじ〜


年末エルグ長選挙に落ちてしまったソルア

新居で平凡で幸せな家庭を作るかと思いきや新居引越し初日、計画を実行する―…

 

やってきたのは海を渡って、島にある高級住宅地。
PCソルアはポケモンのタマゴだって生まれる場所にこだわる子!(ぇ
どんなに大変でもそのためなら時間もお金も掛けるだろう!(たぶん)
そう、ソルアは引っ越してきたその日に新たな新居を探しに行ったのです!…しょりゃあもうお城の新年のお祝いもそっちのけでw
 
まぁ、だけど大体の目星はついてたんだ。

夕方になるまで国を歩き回った、ソルアは島の東にある古城にたどり着いた。
少し前までよくゴドフリー君とのデートで来ていた場所。

「そうよ、そのために数年間、エルグ長になってしまうまで仕事をたくさんしてお金を貯めてきた、そのお金は今50万ペカに達する…」
「というか本来の目的はここだったじゃない!エルグ長になったからあの場所から引っ越せなくなったんだわ…、だったら初代エルグ長(アポリーヌさん)に感謝かな…」


ソルアは新居を手に入れた!
 

 
「シンザー区2−1(一日で引っ越した住宅地の一軒家)に帰ったら棚に鍵はかかってるわテーブルは使えないわ…引っ越すなら僕に一言言ってからにしてよ〜〜><」