あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

そういえば怖い夢みたいのみた

キャンプツアーみたいの友達と二人で行くのよ、林の中にボロアパートみたいのがあってそこに泊まるんだけど、夜の花火大会、アパートの向こうの湖の岸で皆みてるんだけど花火遠かったのね。

湖の向こうの林を抜けていけば近くで見れるんだけどね、他の人誰も行こうとしないのよ、だから行かなかったんだけど、アパート帰る時、どうしてか変な林に迷い込んだのよ友達と。
で、その林に何かいたのね、
霊的な、白服で髪の長い女の人だったと思うんだけど。
なんとか逃げ切ったらアパート近くの坂の上にいたのよ、朝方だったんだけどね。
その坂の上には広いテラスのあるお土産屋さんがあったんだけど、改装中って看板がテラス入り口に立ててあるまま廃墟になってるのよ。すごい変な雰囲気なのね。
よく考えたら、そのお土産屋さん、ずっと前に夢で来たことあるのねって思い出した
怖くなって坂降りた、友達 急に泣き出した

で終わったんだけど、坂の上のお土産屋さんがこわい。
小学校5年の時に家族で行ったって記憶があるんだけど、そんな山奥の場所に行ったことがあるわけない。