あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

明日は登校日どわぁ

卒業式の練習だわキタコレ
なんか表彰される人は午後まであるとか何とか、…私じゃん;w
まぁ最後の最後に食堂のカレーうどん(300円でけっこう量も味も良し)食べれたらいいなとか思ってたから良しかな?
うちのクラスは答辞の子となんだか長賞をもらう子と私だけ。
…かな?
皆勤賞とかも入るのかしら?
とりまあれだ。
きっと「はいっ!」の練習するんだろうな…w
私ムリけw声分散するヨw声通る人じゃないよw
…あ、でも文芸の公表と違うし、まだましかな…?

 
ふっふっふ、ところで例の文芸の公表の文、カンペキw…だと思う。(
ええと、どんなだったかな。

この度は詩の部門で最優秀賞をいただけて、とても嬉しいです。
私は小学6年生の頃から文章・物語に興味を持ち、高校で初めて文芸部という部活動に入りました。
また、そこで文芸コンクールという舞台にも出会い、作品を発表する機会にも恵まれました。

…やばいなんだっけ(
語らぬ空白の中学時代w 中学では科学部でしたとか余計すぎるから言わないww
とりあえず明日は頑張るw
27日のためのカンペもちゃんと持ってって暗記するw
 
おまけ(リズム天国ゴールドの空手家で使われてた曲)↓

これ歌詞かっこいいんだぞ!w
 
と、私これ結構好きなんだけど、ネタ分かる人と一緒じゃないと歌えない><

一人だと寂しいの><
あ、あとこれ電車でランダム再生してる時に回ってくるとめっちゃびびるの、たぶん周りに聞こえるわけないのにw