あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

ホタテ怖ぇ

親父が生きたホタテを持ってきた。
…しかも水を抜いた状態で。
だから死ぬ前に貝から身を出さねばということで…
母が頑張ってます。

ホタテ。
身は5cmぐらいなのに貝は10cmもあるのね;
母は貝の間にスプーン突っ込んではがそうとするのだけど…
 
挟まれます。
ホタテ、全力でスプーンを阻止しようとするのです。
母がホタテとの格闘で騒いでいるので、うごメモやってた私は見に行く。
…怖かった。
ホタテ…、いっぱいいた;
これが噛み付くのか…スプーンに。
 
親父が水を抜いてこなかったら、格闘なんてしてなかったのに!(とりあえず明日の作業にできるじゃん?)
 
とにかく。
怖かったってだけの話。