あるソル日記

ある日、ある場所、ソルアの日記

これを見にわざわざ来たのさ♪

ソノさんのある意味レアイベントv
ご覧あれぃw




でもぶっちゃけ言うと…アブソル・ソルア(♀)も同じ事言うのよね…。
聞かなかったことに、した!
そして主人公名もソルアだからややこしくなるw
ソノラさんだからこれはときめいたんだ!!
これを見に行く途中で雨に遭遇(そうぐう)。

 
ちなみに。
なつき度チェッカーみながらやるといいんだけど、なつき度が上がるたびにここでコメント(?)をチェックすると進度によってコメント変わる。
いつだかソノさん、「他のアブソルの仲間はどう思っているのだろうか」みたいな事言ってた。
あとオオスバさん(オオスバメ)。
ポケモンによって、いくつか言う事も分けられてるみたい。
この機能(?)、金銀リメイクにもあってほしくない!?
いや、微妙に気持ちが分かるのとかあるけどさ(後ろについて来るやつ)、しゃべってくれるとね!
…。
にしても本当に…。
アブソル・ソルア(Lv63)よりレベルが10も高い、そんなソノさん(Lv74)が好き、大好きだー!!
そしてこの微妙なレベルも好き!
このままずっとそのレベルでいて!
ソノラ「無理。そして困る。 俺たちを手持ちかボックスで放置する気か(汗)」
いえいえw
戦場でソルアを守ってくださいましv
ソノラ「でも最近あいつ(ソルア)、破壊光線とか火炎放射…使ってたぞ? バトルステージ用に改良すな!」
ああ、なるほど!
フロンティア使用にすればレベルそのまんまでも―!
ソノラ「ちょっと待ったあぁぁ!!」
 
やばいw
テンションがww
ソノ兄さん最高v
元ネタ:ソノ兄さんを語る